メルカリのクレジットカード現金化事情

メルカリのクレジットカード現金化事情

クレジットカード現金化は、様々なところで行われているほどニーズの高い物ですね。
そして、現在注目を受け物議を醸し出しているのがスマホのメルカリを利用したクレジットカード現金化です。
個人フリーマケット売買をスマホ1つで出来るため、利用者も多いんですね。

なぜメルカリでの現金化が使いやすいのか

クレジットカード現金化の手段の1つに、オークションを利用してクレジットカード決済をした商品を売るという手段がありますが、これは商品の買い手がつかないと現金化が出来ません。
値段も流動して安定しないという欠点があったのですが、メルカリは出品価格を出品者が固定で決める事が出来るし、現金出品をすることが出来るので、現金をやや高値で利益が出るように売却する事でウィンウィンなクレジットカード現金化販売をすることが出来るんです。

現在のメルカリの問題

しかし、メルカリではこのようなクレジットカード現金化利用の問題やマネーロンダリングなどに利用できる状況を鑑みて現行紙幣の出品が禁止対象になってしまったんですね。
やはり、現行紙幣の出品目的はクレジットカードのショッピング枠現金化や携帯電話のキャリア決済現金化などになってしますからね。
どちらも、資金調達の手段としてニーズこそ高いですが法律違反ではないけれども、規約違反行為ということもあってメルカリでも対処しているんです。

クレジットカード現金化の現状

クレジットカード現金化は、業者が摘発されたこともあるのですが実はそれは届け出をしていないのに金融機関のような取引をしたからです。
クレジットカード現金化自体は、違法なビジネスではありませんので昨今でも決してなくなってはいない、というわけですね。

関連する記事